本学の教育内容


【教育目標】
1.生命を育む対象に温かな心をもち、正常な出産に対して、科学的根拠に裏付けられた女性に優しい助産技術を提供できる能力を養う


2.妊産褥婦および胎児・新生児の健康水準や正常からの逸脱を診断し、そのケアができる能力を養う。

3.性と生殖に関する健康問題や倫理を認識し、ライフサイクルに応じた支援ができる能力を養う。

4.安心して子どもを産み育てるための地域活動を理解し、他職種と連携・協働しながら実践活動を行うことのできる能力を養う。

5.助産実践の向上のため、科学的思考力と主体的に学習できる能力を養う。

【授業科目】

教育内容   授業科目 単位数  時間数 科目の概要 
 基礎助産学    助産学概論  1  15 助産の基本概念について学習します
 基礎助産学T  1  15 女性生殖器の形態・機能と、妊娠に関連した健康問題と生殖補助医療等の治療、生命倫理について学習します
 基礎助産学U  1  15 周産期の生理について学習します
 基礎助産学V  1  15 周産期に起こりやすい疾患について、その病態と治療について学習します
 基礎助産学W  1  15 新生児・乳幼児の生理と病態、治療について学習します
 家族社会学  1  15 現代社会における個人と家族の関係、ジェンダーやリプロダクティブ・ライツにつて学習します
 助産学研究  2  45 助産実践のエビデンスを読み解く力を養い、現象を科学的に探究する方法について学習します
 地域母子保健  1  30 母子保健活動の現状と課題、関連職種との連携・協働による母子保健サービスの提供について学習します
 助産管理  2  30 周産期医療システムの中で助産業務の管理や助産所を運営するための基本的知識について学習します
 助産診断
・技術学 
 助産診断・技術学T  1  30 助産実践過程の基本と、女性のライフサイクルを通した健康の支援や、治療行動に伴う意思決定を支えるケアについて学習します
 助産診断・技術学U  2  60 妊婦健康診査の実践に向け、妊娠期の助産診断と助産ケアについて学習します
 助産診断・技術学V  2  60 分娩介助の実践に向け、分娩期の助産診断と助産ケアについて学習します
 助産診断・技術学W  2  60 産後の母子の助産診断と助産ケアについて学習します
 助産診断・技術学X  1  30 超音波断層法や、会陰縫合術や新生児蘇生法など緊急時の対処法、周産期のグリーフケアなど周産期の診察・援助技術を演習しながら学習します
 臨地実習    助産学実習T  2  90 周産期の助産診断とケアについて、理論と技術を統合し、実践的に学習します    
 助産学実習U  2  90
 助産学実習V  3  135
 助産学実習W  2  90
 助産学実習X  1  45 地域のニーズに応じた母子保健活動の展開や、他職種と連携・協働しての母子保健サービスの提供について実践的に学習します
 助産学実習Y  1  45 病産院や助産所での助産管理について、実践的に学習します
合  計   30  930  


 ◇TOPページへ