学院長からのメッセージ

学院長 眞野 紀雄   
 

本学は、愛知県内の助産師不足を補い、安全な出産に向けて、全ての出産に助産師が立ち会えるようにとの願いを込め、厚生労働省と愛知県の支援で愛知県医師会によって設立された助産師養成所です。

平成18年、周産期領域におけるさまざまな社会問題を背景に、愛知県産婦人科医会内で助産師養成所設立の構想が持ち上がり、2年間の準備期間を経て、全国に先駆けて医師会立の助産師養成所として開学しました。開学に際しては、愛知県産婦人科医会の会員諸氏の多大なるご支援と、愛知県をはじめ愛知県助産師会等関係機関の大きなご助力を受けました。このことは母子を取り巻く環境の改善が急務であり、官民が本気になって取り組んだことの結果と認識しています。

このような背景を受け、本学の特徴は、医師会立という柔軟性を活かし、就労しながら学ぶことができるという点にあります。これは、看護の知識に加え、新たな助産の知識をフィードバックし学習を深めることができるということです。また、母性・小児系の勤務経験がある看護師の方には社会人入試制度がありますので、就学しやすく、勤務を継続しながら学習することが可能です。立地も名古屋駅に次ぐ規模の金山総合駅から地下鉄で約10分ということもあり、愛知県全域からの通学が可能です。

入学者は、看護師として10年近い経験を有する学生もいれば、看護師養成所を卒業したばかりの学生もいます。また、家庭をもって子育てをしながらの学生もいれば、まだまだ学生気分一杯の学生など、様々な背景、年齢層の学生が共に学習できる学校であることも本学の特徴の一つです。このように、さまざまな学生同士のかかわりや、教職員との交流を通して助産師としての核を形成し、自己学習能力を持った、母子を取り巻く環境を改善する力のある助産師を育成していきたいと考えています。

今年開学10年目を迎え、今までに送り出した卒業生は180名となり、今年度も先輩たちに続くべく、20名が助産師を目指して頑張っています。この仲間に加わり、助産師として活躍してくださる皆さんの入学を期待しています。

◇TOPページへ