助産師学生のためのページ  最終更新日:2012年7月6日
TANPOPOの部屋   
  このホームページは、助産師学生の復習を支援するためのページです。
目的外での使用や、無断の転載を禁じます。
 
     
All ritsghts researved Ritsuko Hattori,Aichi Medical Association Midwifery School   問合せ 愛知県医師会立名古屋助産師学院
Email:ritsukohn@yahoo.co.jp
助産診断復習ノート 
    進め方 事例を使って、助産診断のポイントについて復習するページです。
それぞれのページの設問に沿って、自分でノートにまとめながら、
順にページを開いていきましょう。
 
 妊娠の診断

 妊娠初期

 妊娠中期

 妊娠後期
 Work Sheet Let's try!
 
   
Work Sheetの使い方:
 
「助産診断をしてみよう!」
では、助産診断をするための事例が提示されています。
ポイントをつかむための練習用事例ですから、実際の診察とは違い、記載されていない情報もあります。提示されている範囲で診断してみてください。
不足している所見に気づいた場合、どういう診断をするために、どのような所見を要するか、その所見はどのような診察方法で得られるかを整理すると、さらに実践に役立つ知識になるでしょう。

1.まず、自分で解いてみましょう。
2.診断に行き詰ったら、「ヒント!」を開けてください。
  着目すべきポイントや、用いるアセスメント・ツールなどが書かれています。
  これらを参考に診断を導き出してみましょう。
3.どうしてもわからなくなったら解説を開いてください。


「助産診断から助産計画を立案してみよう!」では、「助産診断をしてみよう!」での診断結果に基づいて、その時期や状況に応じてどのような助産ケアが必要かを考えます。

1.まず、自分で計画を立案してみましょう。
2.立案できたら、その事例・状況での助産計画で押さえておくべきポイントを解説で確認してください。
妊娠期の助産診断をしてみよう!    
 妊娠初期の助産診断 妊娠期の助産診断(1)    妊娠期の助産診断(2) 
 ヒント!   ヒント!    ヒント! 
 解説    解説    解説
   
 助産診断から助産計画を立案してみよう!  
妊娠初期  妊娠期(1)   妊娠期(2)  
解説     解説    解説