副学院長からのメッセージ 
 
  
副学院長 石川真奈美   
   
  本学は、平成20年4月に開学し、今年10回生を迎えました。助産師学校としてはとても新しい学校ですが、生命に対する深い畏敬の念をもち、女性やその家族に対する温かな心で新しい生命の誕生を支援できる助産師を養成したいと願い、日々努力をしています。
 本学のカリキュラムの特徴は、助産の基礎となる理論から実践までを系統的に学習していただけるような内容になっているところです。講義だけでなく、理論から実践へ橋渡しができるよう、豊富な演習が組み込まれています。実習では、周産期の助産だけでなく、地域との連携や助産所の運営など幅広い実践について学ぶことができます。講義や演習にはそれぞれの分野で豊富な経験をもつ専門の講師陣をお迎えし、実習では地域の産婦人科医療機関だけでなく、愛知県助産師会の皆様の力強いご支援をいただいています。入学生の皆さんには豊かな学習活動を送っていただけるものと確信しています。
 また、本学は定員20名の小規模な学校のため、学生の皆さんと教職員との距離も近く、アットホームな雰囲気です。そのような環境の中で、様々な年齢層、社会経験の学生たちと共に学ぶことで多様な価値観を身につけられるだけでなく、1年間協力し合いながら学習を進めることで、卒業後も共に研鑽を積んでいけるような生涯の友を得ることができるでしょう。私たち教職員も皆さんの学習や学生生活を支援します。
 私たちは、助産師になりたいという強い熱意をもち、自ら積極的に学習することのできる学生の皆さんの入学をお待ちしています。

    ◇TOPページへ